肩の痛み ツボ

MENU

肩の痛みに効くツボ押しテクニック

肩こりや四十肩、五十肩などによる肩の痛みは、酷くなると日常生活に支障をきたすこともあります。
少しでも肩の痛みを和らげる方法として「ツボ押し」が有効です。
ここでは、肩の痛みを緩和させるツボ押しのテクニックについてご紹介していきます。

肩の痛みに効果的なツボ

肩こりや四十肩、五十肩などの痛みに効果的なツボは主に2つあります。
毎日そのツボを刺激することで、肩の痛みを少しずつ緩和させることが可能です。

肩井(けんせい)のツボ

肩井は、肩こりなどによる痛みを和らげてくれるツボです。
また、肩や首筋の痛みにも効果を発揮してくれます。

 

肩井の位置は、後ろ首のつけ根と肩先を結ぶ線の中央にツボがあります。

 

肩井のツボの押し方は、ツボを押す肩の反対側の手を肩に乗せます。
そして、指の腹で揉みながら押すと効果的です。

 

もう少し刺激がほしい人は、こぶしで軽く叩いてもいいでしょう。

臀臑(ひじゅ)のツボ

臀臑のツボの位置は、腕のつけ根にある三角筋の先端に位置する、やや内側にツボがあります。
臀臑
出典:漢方の再春館製薬所

 

臀臑のツボの押し方は、差し指、中指の腹で、軽く押し揉むようにしましょう。
また、ツボを押しながら、首をゆっくり回すようにするとさらに効果的です。

肩のツボ押しテクニック

肩の痛みの症状がある時には、ツボを押すことで緩和させることができますが、押す力の入れ方などにはテクニックがあります。

 

あまり力を入れ過ぎてしまうと痛めてしまうことがあるため注意が必要とされているほか、ツボは同じ部分を1分以上押さないように気をつけて、3秒から6秒程度押すように調整しましょう。
また、ツボを押さない方がよいという場合もあるため、自分の体調をよく確認しておく必要もあります。

 

特に妊娠している女性や発熱している時、飲酒をしている時などにはツボ押しはしない方がよいので気をつけておきましょう。

 

首や肩の周辺、頭の近くのツボを押していると吐き気を感じてしまうこともあるので、違和感を覚えた場合にはすぐに中止して休むようにしておきましょう。

肩の痛み解消にはツボ押しだけにこだわりすぎない

ツボ押しは肩の痛みには効果を発揮してくれますが、根本的な改善につながらないケースもあります。

 

病気などが原因であれば必要な治療を受けなければ改善は難しいと考えられますし、ほかにも適度な運動を取り入れたり普段の姿勢を直すことも肩の痛みの改善には大切なことだとされています。

 

ツボを押すことだけに頼らずに、生活習慣全体を見直しながら肩の痛みへの対処法を考えるようにしてみましょう。

肩の痛みの原因になりやすい軟骨を強化することも大切

肩の痛みは、肩関節の軟骨が年齢とともに減ることで、クッション性を失い痛みが出やすくなるケースもあります。
そのような場合、軟骨を構成している栄養素を積極的にとることで、再度クッション性が戻り痛みが解消することがあります。

 

その成分が「プロテオグリカン」と「Ⅱ型コラーゲン」の2種類です。
とくにプロテオグリカンは希少な栄養素で、食品でとるとなると鮭の鼻軟骨に含まれています。
身の部分ではないため、プロテオグリカンに関してはサプリメントで補うのが理想です。

 

もし、少しでも肩の痛みや、関節の痛みを感じているのであれば、サプリメントを併用することで、痛みから解放される時間が短縮できるかもしれません。
これからたくさん旅行や買い物など外出して楽しみたい人は、軟骨を強くいてくれるサプリメントを飲むといいでしょう。
プロテオグリカンとⅡ型コラーゲンが含まれているオススメのサプリメントはコチラをクリック

 

 

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みに効果的なサプリランキング