肩の痛みによる症状のまとめ

投稿日:

肩の痛みによる症状のまとめ

肩の痛みによる症状のまとめ

肩が痛いという場合、多くの人は肩こりを起こしていることを思い浮かべると思います。

首や頭、腕などを支える肩は筋肉に疲労が蓄積してしまうことが多く、構造が複雑であることからも、こりやすく痛みが生じやすい部分だと考えられています。

疲労が原因で起きる肩の痛みの症状は、両肩に同時に起きることが多いとされています。

また、片腕だけを酷使してしまった時などにはそちらの肩だけにこりの症状が現れて痛むこともあります。

日頃の姿勢が悪いことや、長時間のデスクワークをしているという場合にも肩の痛みの症状は起きやすいと言われているため、適度に休憩を入れてストレッチなどを行うように工夫しましょう。

肩こりは肩の痛みの症状だけが起きるというものではなく、続いてしまうと頭痛や頭重感、吐き気などのほかの症状をともなうこともある厄介なものです。

肩の痛みの症状は病気が原因で起きることも

肩を酷使したり、疲労が溜まることが原因で起きることが多い肩の痛みですが、そのほかの原因として病気にかかっていることが挙げられます。

単なる肩こりだと放置しないようにしておきましょう。

病気が原因で引き起こされる肩こりは、休息を取っても改善されることがなく、悪化する一方だったり、特定の部分に強い痛みが生じたりすることが特徴です。

肩の痛みの症状がサインとなる病気は狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気、首や肩の病気、そのほかストレスや冷え性、喉や口の中の病気といったように様々なものが挙げられます。

年齢を重ねたことによる四十肩、五十肩といった病気も考えられるため、なかなか治らない肩こりや肩の痛みの症状が感じられる場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

特に注意したい肩の痛みの症状には、寝ていても痛いというものや突然強烈な痛みが生じるもの、胸やお腹、背中の痛みがともなうものなどが挙げられ、この場合にはすぐに病院に行くことが求められます。

よく読まれている記事

Copyright© 肩の痛みに効くおすすめサプリ! , 2019 All Rights Reserved.