肩の痛み ストレッチ

MENU

肩の痛みを解消することができるストレッチ方法

肩に痛みが生じている場合には、できるだけ動かしたくないと思うことがあると思いますが、逆に軽いストレッチを行うことで改善されることが見られます。

 

これは肩に血行不良が起きていたり、筋肉が硬くなっていることが原因で肩が痛いという場合にとても効果的だとされる方法です。

 

血行不良や筋肉が硬い状態だと、血液や酸素がうまく流れないだけでなく疲労物質や老廃物が溜まりがちになってしまい、肩に痛みが起きる肩こりの原因となることがあります。

 

また、加齢によって起きる四十肩や五十肩の緩和のためにもストレッチは有効な方法だと言われているので、ぜひ取り入れて痛みを緩和させてましょう。

 

四十肩や五十肩は腕や肩を動かすと非常に痛むことが特徴なのですが、安静にしすぎてしまうと回復に時間がかかるとされているので、適度にストレッチを行うことが推奨されています。

日常生活にストレッチを取り入れて肩の痛みを解消!

肩こりが起きて肩に痛みを感じる場合には、肩甲骨から動かす種類のストレッチを行う方法がおすすめだと言われています。

 

特にデスクワークを長時間行っているような人は、肩周辺の筋肉が硬くなってしまうことが多いため、休憩を取ってストレッチをしてください。

 

頭をまっすぐにした状態から、耳を肩につけるように前に倒すだけの簡単なストレッチを左右交互に行うだけでも、肩甲骨の周辺がほぐれて肩周りがすっきりとして痛みが緩和されるでしょう。

 

また、腕を腰の後ろで組んで、その状態から腕をゆっくりと上に持ち上げるというストレッチの方法も、肩甲骨の周りをほぐすことができて、肩の痛みを和らげるサポートができると言われています。

 

デスクワークや家事の合間にストレッチを取り入れて、肩の痛みや首の疲れを取り除くように工夫してみましょう。

 

ストレッチをより効果的に行うためには、入浴後など、血行がよくなっている時に行うことがおすすめだとされています。

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みの悩みが解消できるサプリメントとは?