肩の痛み しびれ

MENU

肩の痛みでしびれる原因と予防対策

首や腕、肩がこると痛みの症状が出ることはよく知られていますが、首や肩には痛みとは別にしびれが起きることもあります。

 

しびれの症状は、原因をしらべてしっかりと対処することを考える必要がある頸骨の変形であるケースが見られるため、放置しないでください。

 

首にしびれが起き、肩にかけて痛みが出てくるような場合には、頸骨に変形が起きてストレートネックと呼ばれる状態になっている可能性があります。

 

ストレートネックとは、本来緩やかなカーブを描いているはずの頸骨がまっすぐになってしまうことで、首にしびれを起こしたり肩に痛みを引き起こすというものです。

 

肩の痛みやしびれを起こすストレートネックの原因となることには、日常生活での姿勢の悪さや加齢などが挙げられます。

 

特に猫背の人や長時間のデスクワークをしているという人は、ストレートネックになりやすいといわれているため、日頃から予防対策を行うことが求められます。

 

また、頸椎椎間板ヘルニアという病気でも首や肩にしびれが起きることがあります。

 

頸骨同士の間にある椎間板が飛び出し、神経を圧迫することが原因で引き起こされる病気が頸椎椎間板ヘルニアで、進行してしまうと手足にもしびれが出てくることがあるため、適切な治療を受けることが必要だと言われています。

肩の痛みによるしびれの予防と改善方法

まずは姿勢を正しくして生活することを意識して、頸骨に余計な負担がかからないようにして変形が起きないように気をつけましょう。

 

そのほかにも首や肩のしびれの予防や改善には軽いストレッチを取り入れることがよいと言われています。

 

腕や肩、首周りをほぐすストレッチを少し行うだけでも、ストレートネックや頸椎椎間板ヘルニアの予防改善ができると考えられているので、無理のない範囲で行う習慣を身につけておきましょう。

 

ただし、痛みやしびれの症状が強く出ている時には、ストレッチは無理をして行わないようにしてください。

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みの悩みが解消できるサプリメントとは?