加齢(老化)による肩の痛み

MENU

加齢(老化)による肩の痛みの原因とは?痛みを解消する方法も公開

加齢(老化)による肩の痛みの原因とは?痛みを解消する方法も公開

 

肩が痛くなる原因のひとつとしては加齢(老化)があげられます。
この場合、多くは首や背骨が本来描いているはずの緩やかなカーブに異常が起きてしまうことが関係しています。

 

40代や50代の人には四十肩や五十肩と呼ばれる肩の痛みが起きることがあり、腕を動かすことで強い痛みを感じるようになることがあります。
自然に回復すると言われていた四十肩、五十肩も、不規則な生活や長時間労働などにより、改善しにくくなっており、生活に合わせた改善方法を考えておく必要があります。

 

四十肩や五十肩は、肩関節の周辺に炎症が起きることで引き起こされるものですが、はっきりとした原因はわかっていないとされています。

 

ただし、肩の関節の調子が悪く痛みがあるという症状は、加齢にともなう高血圧、心臓の病気や脳の病気などでも引き起こされることがあるため、注意しておく必要があります。

 

さらに、椎間板という背骨や頸骨の間のクッションの役割をするものが加齢によってつぶれ、硬くなってしまうと椎間板ヘルニアが起きてしまいます。
頸椎に椎間板ヘルニアが引き起こされた場合には、肩や首に痛みが生じることがあるため、予防のためにも日頃から姿勢を正しくすることなどが求められます。

上記に当てはまらない場合は「老眼」からくる肩こりの可能性がある

老眼

骨また姿勢の悪さによって肩が痛むようでないのであれば、「老眼」を疑ってみてもいいかもしれません。
老眼はちょうど40歳から始まる老化現象で誰にでも起きる症状です。
老眼を放置しておくと、頭痛や肩こりといった症状を引き起こす原因にもなります。

 

パソコンやスマートフォンを良く使っていたり、さいきん近くの文字がハッキリと見えなくなっている場合は老眼の可能性が高いです。

 

老眼は、老化現象なので進行を止めることはできませんが、遅らせることは可能です。

 

老化の原因のひとつに体内にある活性酸素が体内を錆びさせることで老化が進むといわれています。
目の同じ理屈です。

 

この活性酸素を抑えるには、抗酸化作用の強い栄養素を摂ることで老化を遅くすることが可能です。
抗酸化作用のある食材を毎日食べるのがベストですが、コスト面や手間などで長く続けることが難しいと感じる人も中にはいらっしゃいます。

 

そうした人はサプリメントで補う方法でも問題ありません。

関節痛による痛みには軟骨を強化する必要性もある

老化によって関節にある軟骨がすり減り、再生能力が追いつかずクッション性が失われることで、肩に痛みがでてしまうケースもあります。

 

そのようなケースの場合、軟骨を構成する栄養素成分である「プロテオグリカン」と「Ⅱ型コラーゲン」を積極的にとることが大切です。
とくに、プロテオグリカンは鮭の鼻軟骨部分に多く含まれているのですが、この部分を毎日食べるのはとても食べづらく大変です。

 

プロテオグリカンに関しては、サプリメントで補うようにすることで毎日欠かさず栄養素を摂ることが可能となります。
そして毎日栄養素を摂ることで、軟骨の再生能力が向上して、再びクッション性を取り戻すようになってきます。

 

なるべく、軟骨のクッション性がなくなる前に、予防対策としてプロテオグリカンを摂ることがオススメです。
実際に関節痛による痛みが出始めると、外出も辛くなり完治するまで引きこもり生活が続くこともあります。

 

そのような辛い思いをする前に、プロテオグリカンとⅡ型コラーゲンだけは、積極的にとるよう心がけましょう。
プロテオグリカンとⅡ型コラーゲンが含まれているオススメのサプリメントはコチラをクリック

 

 

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みに効果的なサプリメント