肩の痛みを治す方法

MENU

肩の痛みを治す方法記事一覧

四十肩や五十肩は肩に痛みが生じる症状として知られている症状ですが、正式には肩関節周囲炎と呼ばれる関節の周辺に炎症が起きるというものです。肩はとても大きな動作をする関節なのですが、四十肩や五十肩が起きてしまうと少し動かしただけでも痛みが生じるようになり、特に腕を上げようとした時に強い痛みを感じます。洋服を着ようとしたり、棚の上のものを取ろうとすることが困難になり、痛みで睡眠不足が起きてしまうこともあ...

首や肩に痛みの症状が起きる場合には、一過性のコリが起きていることがほとんどだと言われています。筋肉が疲労したことが原因で引き起こされる首や肩のこりによる痛みは、休息を取ることや血行改善などが対処法とされるものですが、中には徐々に進行してしまう、こりの症状とは異なることが原因となっているものがあります。特に首や肩に痛みだけでなくしびれの症状がある時には、ほかの病気が関係していることがあるため、注意し...

肩が痛いという場合、多くの人は肩こりを起こしていることを思い浮かべると思います。首や頭、腕などを支える肩は筋肉に疲労が蓄積してしまうことが多く、構造が複雑であることからも、こりやすく痛みが生じやすい部分だと考えられています。疲労が原因で起きる肩の痛みの症状は、両肩に同時に起きることが多いとされていますが、片腕だけを酷使してしまった時などにはそちらの肩だけにこりの症状が現れて痛むこともあります。また...

首や腕、肩がこると痛みの症状が出ることはよく知られていますが、首や肩には痛みとは別にしびれが起きることもあります。しびれの症状は、原因をしらべてしっかりと対処することを考える必要がある頸骨の変形であるケースが見られるため、放置しないでください。首にしびれが起き、肩にかけて痛みが出てくるような場合には、頸骨に変形が起きてストレートネックと呼ばれる状態になっている可能性があります。ストレートネックとは...

肩に痛みが生じている場合には、できるだけ動かしたくないと思うことがあると思いますが、逆に軽いストレッチを行うことで改善されることが見られます。これは肩に血行不良が起きていたり、筋肉が硬くなっていることが原因で肩が痛いという場合にとても効果的だとされる方法です。血行不良や筋肉が硬い状態だと、血液や酸素がうまく流れないだけでなく疲労物質や老廃物が溜まりがちになってしまい、肩に痛みが起きる肩こりの原因と...

肩こりや四十肩、五十肩などによる肩の痛みは、酷くなると日常生活に支障をきたすこともあります。少しでも肩の痛みを和らげる方法として「ツボ押し」が有効です。ここでは、肩の痛みを緩和させるツボ押しのテクニックについてご紹介していきます。肩の痛みに効果的なツボ肩こりや四十肩、五十肩などの痛みに効果的なツボは主に2つあります。毎日そのツボを刺激することで、肩の痛みを少しずつ緩和させることが可能です。肩井(け...

40代になって肩の痛みが起きてきたと感じる場合には、四十肩を発症している可能性があると考えられるのですが、四十肩の原因はまだ明確にはわかっていません。四十肩は正式には肩関節周囲炎と呼ばれるもので、関節周辺に起きる炎症が原因で痛みを引き起こすという症状が特徴です。特に腕を上げようとする動作で痛みが強く現れることが見られ、日常生活が不便になることからストレスが溜まってしまうことがあるほか、眠っていても...

中高年になって肩に痛みが生じるのは五十肩が原因になっていることが多いと考えられていますが、五十肩ははっきりとした原因がわからないまま発症することが特徴です。50代の人に多いことから五十肩と呼ばれていますが肩関節周囲炎という正式名称があり、肩関節の周辺の組織が衰えて変化することが原因だと考えられています。肩は非常に複雑な作りになっている関節で、大きく動く部分でもあり、酷使することなどでこりなどの原因...

肩が痛くなる原因のひとつとしては加齢(老化)があげられます。この場合、多くは首や背骨が本来描いているはずの緩やかなカーブに異常が起きてしまうことが関係しています。40代や50代の人には四十肩や五十肩と呼ばれる肩の痛みが起きることがあり、腕を動かすことで強い痛みを感じるようになることがあります。自然に回復すると言われていた四十肩、五十肩も、不規則な生活や長時間労働などにより、改善しにくくなっており、...