四十肩 五十肩 原因

MENU

四十肩・五十肩による痛みの原因

四十肩や五十肩は肩に痛みが生じる症状として知られている症状ですが、正式には肩関節周囲炎と呼ばれる関節の周辺に炎症が起きるというものです。

 

肩はとても大きな動作をする関節なのですが、四十肩や五十肩が起きてしまうと少し動かしただけでも痛みが生じるようになり、特に腕を上げようとした時に強い痛みを感じます。

 

洋服を着ようとしたり、棚の上のものを取ろうとすることが困難になり、痛みで睡眠不足が起きてしまうこともあるため、日常生活に支障が出ることもある症状です。

 

四十肩や五十肩の痛みを感じると、あまり腕や肩を動かしたくなくなりますが、早く回復させるには適度に動かすことがよいと言われているため、軽めのダンベルを持つようにするなど運動を取り入れるようにしてください。

 

あまりにも痛みが激しいという場合には、運動などはせずに整形外科などで適切な治療を受けることをおすすめします。

肩の痛みの原因がスポーツである場合

スポーツをしている人に肩の痛みが起きる原因として考えられるのは、肩を酷使することが一番に挙げられます。

 

ボールを投げる競技や、肩を大きく動かすテニスや水泳、ゴルフなどで肩に負担がかけることが痛みの原因となってしまうのです。

 

また、怪我をしてしまうことも肩の痛みを引き起こす原因となる場合が考えられるのですが、怪我による肩の痛みは中高年になるとなかなか回復しないことがあり、慢性化してしまうケースが見られるため注意が必要だと言われています。

 

肩を痛めてしまった場合には無理をしてスポーツを続けずに、冷湿布などの応急処置をした後に早めに医療機関で治療をすることが大切です。

 

自己判断をしてしまいがちですが、実は腱が断裂していたり、骨折、肩関節がずれているというような重傷である場合も考えられます。

 

スポーツで怪我をして肩の痛みを起こさないためにも、運動を行う前には十分に準備運動を行うようにしましょう。

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みの悩みが解消できるサプリメントとは?