五十肩の治し方

MENU

五十肩による症状と治し方

中高年になって肩に痛みが生じるのは五十肩が原因になっていることが多いと考えられていますが、五十肩ははっきりとした原因がわからないまま発症することが特徴です。

 

50代の人に多いことから五十肩と呼ばれていますが肩関節周囲炎という正式名称があり、肩関節の周辺の組織が衰えて変化することが原因だと考えられています。

 

肩は非常に複雑な作りになっている関節で、大きく動く部分でもあり、酷使することなどでこりなどの原因となる炎症、損傷が起きやすいと言われています。

 

五十肩になってしまうと肩の稼働域が非常に狭くなってしまうため、腕を上げる動作などで強い痛みの症状が現れることから、服を着ることや高い場所のものを取ることが困難になってしまうことがあり、日常生活が不便に感じることも多くストレスが溜まってしまいます。

 

痛みは寝ていても引き起こされるため、睡眠不足の原因にもなってしまうことがあり、日常生活の中での対処方法を考えることが大切です。

五十肩の治し方

五十肩を引き起こしてしまい、肩に痛みを感じるようになった場合には、日常生活の中での対処方法を行うことと薬物療法を行うという2種類の方法でのアプローチができます。

 

日常生活の中では、痛みがひどい時期にはあまり肩に負担をかけないような生活になるように工夫して安静にすることが求められますが、痛みが落ち着いてきたら逆に少しずつ肩を動かすようにすることがポイントとなります。

 

関節の稼働域を少しずつ広げているという意識を持ってストレッチやダンベルを使ったトレーニングをしてみることが五十肩には効果的だとされています。

 

薬物療法で五十肩を治療する場合には、痛み止めを使うことが一般的で、内服薬のほかにも外用薬を使う治療が行われます。

 

薬はステロイドを含まないものと含んでいるものがあるので、処方された場合には確認をし、副作用についても説明を受けるようにしましょう。

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みの悩みが解消できるサプリメントとは?