四十肩の治し方

MENU

四十肩による症状と治し方

40代になって肩の痛みが起きてきたと感じる場合には、四十肩を発症している可能性があると考えられるのですが、四十肩の原因はまだ明確にはわかっていません。

 

四十肩は正式には肩関節周囲炎と呼ばれるもので、関節周辺に起きる炎症が原因で痛みを引き起こすという症状が特徴です。

 

特に腕を上げようとする動作で痛みが強く現れることが見られ、日常生活が不便になることからストレスが溜まってしまうことがあるほか、眠っていても痛みで目が覚めてしまい睡眠不足に陥ってしまうこともあると言われています。

 

四十肩による痛みは激しいので深刻な病気なのかと考えてしまう人もいますが、実際には整形外科的な病気ではないと判断されます。

 

時間の経過と共に痛みが和らいでいき、自然と回復することから、肩に痛みが生じている間にどのような対処方法を行うかがポイントになると考えられるでしょう。

四十肩の治し方

肩の痛みが四十肩によるものである場合、完全に治るまでは待つことが基本となりますが、その間にもいくつかの対処方法を行うことで痛みの症状を和らげることは可能だと考えられています。

 

腕を動かすと痛みがひどく現れることから、つい腕を動かさないようになる人が多い四十肩ですが、ゆっくりと少しずつストレッチを行った方が回復が早いと言われています。

 

無理をする必要はありませんが、腕や肩を動かすストレッチを対処方法として取り入れて、慣れてきたら軽めのダンベルを持った運動なども行い、よりスムーズに肩が動くようにトレーニングしましょう。

 

また、四十肩の痛みは肩を冷やしてしまうと強くなると言われていることから、対処を行う時には冷湿布などを貼らないように気をつけてください。

 

しっかりと温めるように保温効果の高いサポーターを使ったり、入浴をすることなどがおすすめの対処方法として挙げられ、ほかにもカイロを当てることなどは応急処置としても役立ちます。

 

【この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます】

肩の痛みの悩みが解消できるサプリメントとは?